最近の記事
2016年11月04日

【民泊ドラマ】黒木メイサ、新井浩文主演の拝啓、民泊様で、民泊に

テレビの情報番組などでの「民泊」の魅力について
聞いたり知ったりして、その逆のリスク的面、騒音問題や近隣住民問題など

もっと「民泊」の可能性を知りたい
民泊から、不動産投資を始められれば、初心者としてスタートできる可能性も??
と思ていましたが

テレビのドラマとして「民泊」を扱った新ドラマがスタートされています。



黒木メイサさん、新井浩文さんの主演ドラマになります。
「拝啓、民泊様」というタイトルになります。

ドラマから、知らない民泊について
勉強できるかも??家賃収入を得られる可能性を少しでも高める事が出来る可能性も??

「拝啓、民泊様」のドラマ
1話と2話見てみました。

このドラマでは、民泊の舞台として
期待していた「投資用マンション」、ワンルームマンション
のような物件であって欲しかったのですが

「拝啓、民泊様」のドラマでの舞台が
中古の一軒家で、民泊するというものになっていました。

ちょっと、残念、個人的には

ドラマの簡単な流れとしては
会社を辞める事になった人が
「民泊」セミナーに参加して

そこのセミナーで、いきなり??「民泊」用の
中古の一軒家を購入

そして、その中古の一軒家で民泊スタート

中古の一軒家というのが
普通の一軒家で、特に民泊用になっている訳で無く

普通の家です、個別の部屋とかに分かれていない物件です

そこに、何組もの、外国人のお客さんが来て
ドタバタ・・・というもの

そうそう、ドラマ「拝啓、民泊様」でのポイントの一つに
「管理会社」という存在が大きいのかも??

もしかして、ドラマを通して
「管理会社」に注意を促している?

「民泊」セミナーに注意を促している??

そうなんで、全く知識のない人が
「民泊」セミナーに参加して

この「民泊」セミナー開催しているのが
「管理会社」もやっていて

表面上では、民泊のスタートも、スタート後も
「管理会社」にお任せという感じのはずが・・・

イメージしていた民泊に関しても
「管理会社」にお任せで・・・

かなりポイントになっているようです。

ドラマの展開では、
「管理会社」にお任せのはずが・・・
その為、自分で解決しようとしながら・・・って展開になっています。

良し悪しで、せっかくの不動産投資について
「家賃収入」に関して、試行錯誤の連続というものになっています。

「投資用マンション」、ワンルームマンションを舞台にした
民泊にしてくれていれば、さらに身近に、入り込んでみる事ができたのかも??



でも、マンションを使っての
民泊に関しては、現実でもマンション側が、マンションを管理している会社
組合などが、「民泊を禁止」する動きが多々あるみたいですから

民泊される事のリスク回避が
騒音問題、ゴミ問題、近隣住民問題が
「民泊」につきもの

そのような可能性を排除するために
そもそも、マンションでは、そのような事を禁止するのが先行している感じ

そう考えると
より現実面的に、ドラマの民泊が意識しているのかも?

それらを回避できるような方法とか
物件とかが、きっと知らないだけで
「民泊」というものに可能性があるはずだけど・・・

AIRBNB SCHOOL - 今話題の民泊AIRBNBで、自由なライフスタイルを送るスクール-
posted by 不動産購入 at 06:11 | 滋賀 ☁ | 民泊は? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
不動産購入から大家になるまでのノウハウ
倉橋隆行の5億をつくった猛者から学ぶガチンコ物件査定4時間セミナー
高卒社員が年収5,000万!非常識的不動産投資成功法
頭金不要の1棟買い不動産投資
不動産購入から大家になるまでのノウハウ
都営住宅に抽選なしで入れる方法
住宅ローン審査速攻承認プログラム